ONLINE相談

短期

モンゴル環境研修

環境問題への理解を深める

渡航先
モンゴル
留学時期
夏休み

●スケジュール

申込期間
募集はありません

期間
約2週間
費用
約21万円万円
単位
2
人数
滞在先
その他
選考
なし
担当教員
都馬バイカル先生
  • 現地のビジネスを学びたい

  • 異文化を知り視野を広げたい

  • SDGsに取り組みたい

■プログラムスケジュール表(参考)

スケジュール表

■プログラム内容

【サービスラーニング科目】現地での調査、視察、遊牧民生活体験(ホームステイ)、現地の学生との交流などを通じて、モンゴルの環境問題及び異文化に対する理解を深めます。ソーラークッカーの普及活動やトール川保護のボランティア活動、及び「桜美林森」植林活動などに参加します。他大学の学生も参加する多国籍協同研修です。

■受けられるお金の支援(奨励制度)

  • ◯桜美林大学「短期留学奨励制度」

※注意事項

1:桜美林大学の学納金は通常通り納める必要があります。
2:費用の概算には【①宿泊費、②海外旅行保険、③渡航費(航空券、空港使用税、燃油サーチャージ等)】が含まれています。概算に含まれないのは【⑤留学学期の桜美林大学学納金、⑥その他費用(パスポート申請料、予防接種・健康診断費用、教材費、食費、通学費、課外活動費、その他現地で使うお小遣い)】です。
3:費用概算は過去の実績をもとにした値です。為替レート、航空会社の料金改定、現地状況の変化に応じて変動します。
4:卒業する最終学期は参加できません。
5:詳細な応募条件や手続きが別途定めれている場合があります。シラバス・募集要項・説明会にて確認をして、所定の手続きを実施してください。
6:入学年度が2015年度以前のリベラルアーツ学群生は基礎教育科目区分(18単位必修)、2016年度以降のリベラルアーツ学群生はLA基礎(16単位必修)、2018年度以降のグローバル・コミュニケーション学群生は学群共通科目区分、2017年度以前のグローバル・コミュニケーション学群生と他学群生は自由選択科目区分として認定されます。
7:2018年度以降のグローバル・コミュニケーション学群生は、「国際ボランティア(モンゴル)(J)」で履修します。
8:シラバス、e-Campus掲示、説明会等の案内を必ず確認してください。
9:新型コロナウイルスの影響で、海外へ渡航できず科目自体が中止、または海外現地研修部分がオンラインになる場合があります。e-Campusの掲示に注意ください。

■提携校